宮古島のマンゴーカフェ「楽園の果実」

はいさい。

宮古島から橋を渡っていく来間島(くりまじま、くれまじま)にある、有機栽培の果物や野菜を使用している人気のカフェ「楽園の果実」にお邪魔しました。

1470538722128

宮古島から来間大橋を渡ると、サトウキビ畑がたくさんある来間島に到着。

橋を渡ってすぐ何軒かカフェとお土産ショップがありますが、スルーしてさとうきび畑の路地に入るとカフェ&おみやげ館「楽園の果実」に到着します。

1470538725445

楽園の果実へのアクセス

宮古空港から車で25分~30分程度。約10kmです。

楽園の果実には口コミで評価の高いランチ「特選宮古島産黒毛和牛の楽園ステーキ丼ランチ 1200円」などもありますが、お腹いっぱいのためデザートのみ注文しました。

【杏仁マンゴー】

1470538720615

【ドラゴンフルーツ】

1470538717588

どちらも680円だったと思います。(忘れちゃいました^_^;)

メニューを見ると、魅力的なものが多いので次は食事もしようと思いました。

ランチメニューの一部

・特選宮古島産黒毛和牛の楽園ステーキ丼 スープ付き 1,200円
・宮古和牛と沖縄アグー豚のハンバーグ 1,150円
・宮古島産完熟トマトソースのスパゲッティ 850円
・朝採り島野菜のペペロンチーノ 800円
・ゴーヤピザ(宮古島産ゴーヤ) 1,000円

魅力的なデザートメニューの一部

・シャリシャリマンゴーパフェ 1,500円
・宮古島産メロンパフェ 1,300円
・ドラゴンフルーツパフェ 1,500円
・完熟!!パイナップルパフェ 1,200円

有機栽培で育てた野菜や果物など旬の食材をふんだんに使っていることで有名で、なかでもマンゴーは特に注目です。

マンゴーカフェとも言われるくらいなんですが、聞き慣れない「有機JAS認定マンゴー」という貴重なマンゴーを使用しているそうです。

有機JAS認定ってなに?

「3年以上、全く化学合成農薬や化学肥料を使用していないという認定」のようです。国産マンゴーで有機JAS認定を受けているのは1%未満なんだとか。とても希少価値の高い宮古島産マンゴーです。

体のことを考えて無農薬や無添加など、食事にこだわる方には嬉しいカフェなんじゃないでしょうか。

カフェの外観は沖縄らしい赤屋根瓦で、店内はアジアン雑貨のインテリアが多いアジアンテイストな雰囲気。

この日も店内は満席で写真は控えましたが、大繁盛店だということがわかりました。

ちょっと店内が狭くて席と席の間隔が近いのがネックかな~と思います。なるべく混み合わない早めの時間か遅めの時間がおすすめです。

楽園の果実の詳細情報

【住所】沖縄県宮古島市来間476-1

【電話番号】0980-76-2991

【営業時間】
【3月~10月】11:00~18:30(L.O.18:00)
【11月~2月】11:00~18:00(L.O.17:30)

【定休日】11月~6月上旬までは毎週火曜日/年末年始が休み。ゴールデンウィークと6月中旬から11月までは無休。

【駐車場】あり(15台程度)お店の手前と奥にあり、合わせて15台程度。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク