糸満で人気のローカル路上やきとり屋「やきとりマン」

糸満のストリートやきとりの第一人者的存在のやきとりマン。

沖縄の地元民(糸満)しか知らない超ローカルな持ち帰り専門の焼き鳥屋さんです。

沖縄南部の糸満市は、路上で焼き鳥を焼く持ち帰り専門のやきとり屋さんが秋くらいに多く出店し始めます。一つの通りに5店舗なんて通りもあるくらいです。

そんな糸満で一年中ずっと路上でやきとりを焼き続けているのがやきとりマンです。

2016-07-07-17-39-52

やきとりマンは夕方の17時くらいから営業開始して22時くらいまで営業しています。(その日によるらしい)

早めに切り上げる(閉店)するときがあるんですが、やきとりマンのおじちゃんの予定で沖縄の伝統的な飲み会、集まりである模合(もあい)がある時は19時くらいで閉店するんだとか。笑

「模合の場所が浦添だから遠いんだよ~」と言っていました。笑

屋台は気分次第というやつですね。沖縄らしい理由とおじちゃんのキャラクターは癒されます。

焼き鳥は、とりみが1本100円。手羽先が1本80円です。

2016-07-07-17-40-20

2016-07-07-17-40-25

サイズはその日によって少し違いますが、安定してビッグサイズのやきとりです。(特に手羽先の大きい時は超ビックサイズ)

もうかれこれ5.6年やってるそうですが、おじちゃんが言うには「焼いてる時の煙がすごすぎて体に悪いから長続きするかわからない」そうです!これはやきとりマンファンにとっては焦る情報です(・・;)

以前、やきとりマンは隣接している糸満のローカル居酒屋「いとまん家」のメニューにも名を連ねていました。いとまん家の食べ放題メニューのやきとりは、やきとりマンの焼き鳥だったんです。

前からファンが多く、今では注文が多くて間に合わないくらいだそうで、網の上はいつもパンパンになっています。

2016-07-07-17-40-55

やきとり好きの地元民はやきとりマンで注文して、近所にあるスーパーに買い物に行った帰りに取りに来るといった感じです。(サンエー)

注文して10分~15分くらいで焼き上がりますが、注文が多い時は30分くらい待つこともあります。

気づきにくいですが、アイスも置いてあります。

2016-07-07-17-40-14

パイン、マンゴー、シークワァーサー、さとうきび

なんとも沖縄らしいラインナップ。

今日は持ち帰りで焼きたてのやきとり食べたいなぁ~という沖縄南部在住のうちなーんちゅにおすすめです。興味のある方はぜひ寄ってみてください(^_^)

やきとりマンの詳細情報

【住所】沖縄県糸満市糸満1482-2

【電話】なし

【営業時間】17:00~22:00くらい

【定休日】不定休

※ほとんど毎日営業してますが、いつお休みになるかわかりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク