沖縄の地元民が好きな「麩ちゃんぷるー弁当」

はいさい。

沖縄料理の代表といえば、ちゃんぷるー料理。

観光客の方に最も有名なのはゴーヤーチャンプルーですよね。

実は地元民が好きなちゃんぷるー料理の一つに「麩ちゃんぷるー」という料理があります。

麸=お味噌汁などに入っていることが多い、あの「ふ」のことです。沖縄では「フー」と語尾を伸ばします。

沖縄県民からしてみると、ゴーヤーチャンプルーも麸チャンプルーもどちらも定番中の定番料理です。

お麩を炒めものに!?(ちゃんぷるーは炒めもの)って思う方も多いんじゃないでしょうか。

実は沖縄の麸は本土のものとは少し違う「くるま麸」というお麩なんです。

くるま麸とは?

くるま麩はグルテンに強力粉を加えて練った生地を焼いたものです。そのため、小麦のたんぱく質グルテンがたくさん含まれているので弾力がすごくて、モチモチした食感を楽しめます。炒めても崩れることはありません。

くるま麩は棒に巻いて焼かれます。本土のお麩と比べると段違いに大きく、1本が30cm以上もあるんです。それが3本1袋で売られているのが沖縄のベターです。

2016-08-01-20-56-49

透明なビニールにたくさん入った業務用サイズもあります。

そんな麸を使ったチャンプルー料理は沖縄料理店に行かなくても食べることができます。

スーパーやお弁当屋さんに行けば麩ちゃんぷるー弁当が販売されており、メジャーどころでいくと沖縄のほっともっとのメニューにも麩ちゃんぷるー弁当があります。

【ほっともっとの麩ちゃんぷるー弁当 460円】(沖縄限定)

2016-07-28-19-18-54

これを見ただけでは「麸」がわかりづらいのでアップ画像を。

2016-07-28-19-20-10

料理に使う時はちぎって使うのが普通なのでいろんな形をしています。笑

沖縄旅行で麸チャンプルーを初めて知ったという人が圧倒的に多いんですが、ゴーヤーチャンプルーがこれだけ有名で、なんで麸チャンプルーを知らない観光客がこんなに多いんでしょうか?

私の勝手な予想では、長寿県のイメージが崩れるからメディアでの露出が少ないのかも。なんて思っております。

麸ちゃんぷるーは、かなり高カロリーな食べ物なんです。

なぜかというと、麸がたっぷり油を吸ってしまうから^_^;

でも、とっても美味しいからやめられないさ~ってなるんです。
今では長寿県1位ではなくなったうえに肥満県1位になってしまっている始末。

美味しい麸ちゃんぷるーを控えるのは大変ですが、さすがに肥満1位はまずいですね。

いくら高カロリーと言っても食べ過ぎなければ大丈夫。観光に来られた時に食べるくらいなんてことないので、沖縄に来た時は「隠れ地元民人気料理」をぜひ味わってみて欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク